MENU

軽薄男子とノリで付き合っちゃうと後悔するがっかりポイントとは

彼氏にするならどんな人がいい?という質問をすると大多数が「優しい人」と答えますが、それに次いで多いのが「おもしろい人」「ノリがいい人」
など、一緒にいて楽しい人という答えがよく返ってきます。

 

大学のサークルた飲み会・合コンなどでは引っ張りダコな軽薄男子ですが、そのノリの良さにひかれてお付き合いをしてみると、あまりのそのまんま感に唖然とさせられます。確かにノリがいいと大勢でワイワイするのにはいいかもしれませんが、よく見極めておかないとひどい恋愛になる可能性があります。

 

そこで、彼氏にすると後悔する軽薄男子の特徴をご紹介しますので、参考にして下さいね♪

 

●軽薄男子とノリで付き合っちゃうと後悔するがっかりポイントとは

・真剣なムードが苦手なので、大切な話になると笑いに持っていこうとする

お付き合いをしていれば、相手の悩みやこれからの恋愛の事などを、真剣に話し合いたいと思うことがありますが、軽薄男子の中にはそういった真面目な雰囲気が苦手で、ちょっとでもそんな空気が流れてくると、茶化して誤魔化してしまいます。

 

真面目な話は確かにめんどくさいですし、空気も重くなるかもしれませんが、好きだからこそ真面目に向き合って欲しいのに、このような態度を取られて
は恋愛も長続きできません。

 

・言う方も恥ずかしいようなセリフを平気で言ってくる

日本人男性は女性に対し、ホメ言葉を言うのを恥ずかしいと感じますし、それが本当の事でもそう簡単に伝えることができない事が多いです。

 

ところが軽薄男子は、女性が気持ちよくなるようなホメ言葉を言うことの慣れていますので、心がうれしくなるようなホメ言葉を平気で並べることができます。

 

「足長いしキレイだよね」「色白いね」「瞳が印象的じゃない?」など、美人やかわいいなどのセリフではなく、パーツをホメてこられたら、ホメられ慣れていない
女性ならいちころで落ちてしまいます。

 

でも、この言葉は今までの経験から出ていることなので、他の女の影がありそうな場合には、適当にあしらいましょう。

 

・その場のノリで何でも決めてしまう

軽薄男子の中には、無計画でその場の空気や自分の気の向くまま、ノリで何でも決めてしまう部分があるので、恋愛も「あ、この子かわいいなぁ〜」と思ったら、即声をかけたり口説いたりして、二股三股をかけることが多いです。

 

ノリで決め手しまうということは、自分の確固たる意志も中身も自己主張も無いという、無い無い尽くしなので、一緒にいるととんだとばっちりを受けかねませんので注意しましょう。

 

おわりに

ただし、外見た言動がチャラく軽薄に見えても、ふたりっきりでいる時は全然違うという場合には、その奥には実は人見知りな部分が隠されていることがありますので、外見だけにだまされないよう、自分に合う男性を見つけていきましょう。