MENU

彼氏を作るための基礎知識&ちょっとしたコツ

恋人が欲しいと思っていても、ただひたすら運命的な出会いを期待してずっと待ち続けている人もいますが、基本的には相手の方からアプローチされるか、自分の方から積極的に自分のことをアピールしていくしかありません。

 

女性の場合、できるなら男性の方から声をかけて欲しいという願望があるため、なかなか自分の方から声をかけるのはためらわれるという人が多いようです。なので、どうしても男性側の方からメールや電話、デートのお誘い、そして告白までを好きな相手にしてもらいたい、そう受身になってしまいがちです。

 

ところが世の中沿う簡単にはいかないもので、自分から好きになった人の場合、自分から好きな人にアプローチするしかありません。ステキな男性を狙っている女子は星の数ほどいますので、どうしても恋人同士になりたいのなら、自分の方から積極的にアプローチしていきましょう。

 

●彼氏を作るための基本的な方法

・自分の方から積極的に好意を見せる

人は誰しも人に好かれたいという欲求を持っています。これを親和的欲求といいますが、その欲求は男女関係なく芽生える感情ですが、自分にはちょっと高値の花だなと感じている美人に片思いしている男性に、普通の容姿かちょっと劣るくらいの女性から真剣に告白されたとしたら、男性は悪い気はしません。しかも相手が優しいうえに、一緒にいると安心できる存在であるならなおさら興味が湧いてきます。

 

告白されて一旦は断ったとしても、友達関係を続けているうちに自分を好きでいてくれるという心地よさから、相手のことが気になるようになり、いつの間にか好きになる場合もあります。

 

女性の方から男性への無心の愛を注ぐのは、恋愛の早道なのです。

 

・今までの行動範囲から、少し外へと飛び出してみる

外見も性格もいいはずなのにいい男がいない、彼氏が欲しいといつも言っている女性は、普段から出会いのチャンスを掴めていない、あったとしてのチャンスを活かしきれていない証拠です。

 

多少容姿に自信がなくても彼氏が途切れない人がいますが、こういうタイプの人は行動範囲が広く、出会いのチャンスに溢れている人です。毎日会社と自宅の往復で生活に刺激がないという人なら、いつもの通勤コースや帰宅のコースを変えてみたり、スポーツジムに通う、いつも行くお店を変えてみるなど、自主的に生活サイクルを変えてみましょう。

 

いつも行き慣れたお店には顔見知りしかいませんが、いつも行かないお店なら新鮮な出会いがあるかもしれません。社員食堂ではいつも見かけるけど、声をかけたことがない人などでも意外と話が合うかもしれませn。

 

・SNSなど、インターネットで出会いを探す

最近はSNSをやっている人が多く、普段では知り合うチャンスのない人ともつながることができます。この出会いを恋愛のチャンスととらえ、出会いの場にしましょう。

 

同じ趣味友などが参加するSNSなどなら、あまり話すことが得意でない人でも趣味について気軽に話す事ができますし、内気でシャイな人でもこれなら話が途切れることを恐れることはありません。

 

ほんの少しの勇気を出せば、意外なところで出会いのきっかけというのは掴めるものです。人と話すのが苦手な人でも心を介抱して自分らしく生きていれば、あなたの魅力的な部分が生きてきますので、諦めずに頑張っていきましょう。