男性の気を惹くメールテクニック

ここ数年の間劇的に進化した携帯電話の普及によって子供からお年を召した方まで頻繁にメールを利用するようになってきましたね。
人とコミュニケーションを取る方法は色々とありますが特に急ぎの用事でなければ電話をしなくてもメールをするだけで事が済んでしまうこともたくさんあります。
カップルの間でもメールはよく使うコミュニケーションのツールになっているのではないでしょうか。
ただ男性は女性と比べるとプライベートでそんなに頻繁にメールをしない傾向にあります。
女性にとってメールはおしゃべりと同じ感覚があるのですが男性は用事など必要がある時にしかすぐに返事を返さなかったりします。
ですので男性が比較的すぐあなたのメールに返信してきてくれる様ならかなり脈があるとみていいのではないでしょうか。
気がある男性とメールのやり取りをする場合どの様な事に気をつければいいのか等のメールテクニックを大公開しますので是非参考にしてみて下さい。

(時間差を上手に利用する)

気になる相手から返事がきたら嬉しくてすぐにでも返信したくなりますよね?
でもちょっと待って下さい。
あまりにも早すぎる返信は相手にとって負担になってしまう場合もあるのです。
上にも述べた様に、男性は性格上必要な事以外で頻繁にメールをする習慣がないので、あまりにも返信が早いと「あー、自分も早く返さないとな」と思って気が重くなってしまう事があるのです。

男性は自分のペースを乱されるのが嫌なので初めのうちは様子を見て少し時間をあけてから返事を返すといいと思います。
割と頻繁にメールをやりとりするぐらいの仲になると男性も慣れてきて、だんだん返信のスピードや回数が減ってくることもあると思います。
「最初の頃はきちんと返してくれたのに・・・」と思いますよね。

こういう時は反対にこちらの方が返信するタイミングを遅らせてみるのです。
いつもならすぐに返事が返ってきてたはずなのに今日はすごく遅いな、なんでかな?と思わせるためです。
慣れてきて当たり前になっていた相手の気持ちに揺さぶりをかけてちょっぴり不安にさせてみてはどうでしょうか。
男性側は普段感じた事のない不安感から、あなたへの気持ちがグッと強くなっていくはずです。

(メールの内容)

相手が読んだ時に、暗くなったりテンションが下がるような深刻な内容はよくありません。
そういった内容の場合、たいがい文章も長くなりがちですし読んでるうちに疲れてしまいます。
まだそんなに親しい間柄じゃないうちはできるだけ明るく、相手の気持ちが和むような文面が望ましいですね。
また文字体もデコメや絵文字などをちょっと使えば全体的に可愛らしい雰囲気でいいと思います。

(問いかけるようなメール)

メールのやり取りをしようと思っても内容によってはそんなに続かない事もありますよね。
メールの文章の中に「~なんだけど、どうかなぁ?」といった具合に問いかけのセリフを入れてみて下さい。
ただ一方的にメールを送るだけよりその方が相手も返信しやすくなりますよ!

(おわりに)

男性と女性ではメールに対する意識が違うのですが、ちょっとした工夫で二人の距離を縮めることもできます。
そうして頻繁にやり取りするうちにお互いの事がよくわかってきて込み入った相談なんかも出来るようになるのではないでしょうか。

自分の元カレと付き合う友達に接する2つのポイント

別れた元カレが、今どうしているかを聞くのは、なんだか気持ちが落ち着かないですよね。
自分が別れをきりだしのならともかく、彼に別れを告げられたのなら、どうしても気になるものです。
正直いって「今は誰かと付き合っているのかな?」とか「もしかして私への未練があるかも」などと、色々考えてしまいますね。

元カレの話に、密かに興味をもってしまうのは当然です。
でも、自分の友達が元カレと付き合っていると聞いたなら、かなりショックを受けるでしょう。
このような場合、その友達と今までどおりに接することができるのか、友達の態度に分けて考えてみましょう。

1.自分から.正直に話してくる友達の場合

「実は○○ちゃん(あなた)の元カレと、今付き合っているの」
と、元カレと付き合う前か、すぐ後に自分から話してくるなら、ショックな気持ちが半分くらいになるでしょうか。
友達にしてみても、あなたに黙っていることができなくて、気まずくなるのを覚悟で話したのでしょうから。
もちろん、友達よりもあなたのほうが動揺することでしょう。

感情をおさえきれずに「なんてひどいことするの?」と言ってしまうのも当然ですね。
他にも男はたくさんいるのに、なんでわざわざ元カレとつきあうのか、怒りや混乱で戸惑うでしょう。
でもそこで、どれだけ元カレのことが気になっていても、現実を受け入れるのが、正直に話してくれた人への礼儀かもしれません。
お互いに友情が壊れてしまうのを覚悟するしかないのです。

でもそれは、友達が決めることではなくて、あなた自身がこれからどう接するのかを決めていいのです。
自分の怒りや困惑の気持ちをおさえて、いったん冷静になってから、これから友達でいるかどうか正直に伝えていいのですよ。

2.黙って隠していた友達の場合

本人からではなく誰かから聞いて知ったとき、もっと大きなショックを受けますよね。
人によっては、何も知らされていなかったことに、怒りの感情をぶつけてしまう場合もあるでしょう。
人には、そばにいて信頼している人が、自分に隠し事をしているのをイヤがる性質があります。
何でも知っておきたいし、知っているはずだと、親しみをもっている相手に求めているのです。

ですから、正直に話してくる友達に比べれば、黙っていた友達には、悲しみと怒りが同時に爆発します。
でも、友情が壊れるのが怖くて、言い出すタイミングを逃してしまったのかもしれません。

決して、当たり前のように黙って隠していたのではなく、彼女なりに苦しんでいたのかもしれないのです。
激しい感情がおさまったとき、大切なことを黙っていた友達と、どう接するのかはあなた次第です。

おわりに

友情と恋のどっちを選ぶのかは、人によってさまざまです。
いずれにしても、勇気と覚悟をもって決断したのは確かですね。
ただ、大切なことは友達の態度ではなく、あなたが気持ちをどこまでコントロールできるかです。

それから「すでにあなたと元カレの恋愛関係は終わっている」という事実を忘れないようにしてください。
元カレが、これから誰とどう付き合っていくのかは、あなたが決めることではありません。

ショックなことは、いったん時間を空けて冷静になってから、元カレや友達の立場にたって考えてみるといいでしょう。

軽薄男子とノリで付き合っちゃうと後悔するがっかりポイントとは

彼氏にするならどんな人がいい?という質問をすると大多数が「優しい人」と答えますが、それに次いで多いのが「おもしろい人」「ノリがいい人」
など、一緒にいて楽しい人という答えがよく返ってきます。

大学のサークルた飲み会・合コンなどでは引っ張りダコな軽薄男子ですが、そのノリの良さにひかれてお付き合いをしてみると、あまりのそのまんま感に唖然とさせられます。確かにノリがいいと大勢でワイワイするのにはいいかもしれませんが、よく見極めておかないとひどい恋愛になる可能性があります。

そこで、彼氏にすると後悔する軽薄男子の特徴をご紹介しますので、参考にして下さいね♪

●軽薄男子とノリで付き合っちゃうと後悔するがっかりポイントとは

・真剣なムードが苦手なので、大切な話になると笑いに持っていこうとする

お付き合いをしていれば、相手の悩みやこれからの恋愛の事などを、真剣に話し合いたいと思うことがありますが、軽薄男子の中にはそういった真面目な雰囲気が苦手で、ちょっとでもそんな空気が流れてくると、茶化して誤魔化してしまいます。

真面目な話は確かにめんどくさいですし、空気も重くなるかもしれませんが、好きだからこそ真面目に向き合って欲しいのに、このような態度を取られて
は恋愛も長続きできません。

・言う方も恥ずかしいようなセリフを平気で言ってくる

日本人男性は女性に対し、ホメ言葉を言うのを恥ずかしいと感じますし、それが本当の事でもそう簡単に伝えることができない事が多いです。

ところが軽薄男子は、女性が気持ちよくなるようなホメ言葉を言うことの慣れていますので、心がうれしくなるようなホメ言葉を平気で並べることができます。

「足長いしキレイだよね」「色白いね」「瞳が印象的じゃない?」など、美人やかわいいなどのセリフではなく、パーツをホメてこられたら、ホメられ慣れていない
女性ならいちころで落ちてしまいます。

でも、この言葉は今までの経験から出ていることなので、他の女の影がありそうな場合には、適当にあしらいましょう。

・その場のノリで何でも決めてしまう

軽薄男子の中には、無計画でその場の空気や自分の気の向くまま、ノリで何でも決めてしまう部分があるので、恋愛も「あ、この子かわいいなぁ~」と思ったら、即声をかけたり口説いたりして、二股三股をかけることが多いです。

ノリで決め手しまうということは、自分の確固たる意志も中身も自己主張も無いという、無い無い尽くしなので、一緒にいるととんだとばっちりを受けかねませんので注意しましょう。

おわりに

ただし、外見た言動がチャラく軽薄に見えても、ふたりっきりでいる時は全然違うという場合には、その奥には実は人見知りな部分が隠されていることがありますので、外見だけにだまされないよう、自分に合う男性を見つけていきましょう。

遠距離恋愛を長続きさせる3つのポイント

会いたくても会いたくてもなかなか会えない。
彼が今何をしているのか、自分ひとりが彼のことばかり考えているのではないかと不安でしょうがない。
でもその分、会えたときの喜びは大きいし、彼が隣にいる時間が大事でしょうがない。
遠距離恋愛って、喜びと不安が繰り返す分、距離のない恋愛よりも辛いものですよね。
ついつい喧嘩をしてしまって、そのまま連絡が取り辛くなってしまう、なんてこともよくあります。
そんな遠距離恋愛を長続きさせるために気をつけたいポイントをまとめてみました。

■1日1回必ず電話をする!というような約束事は作らない

連絡の頻度についてきつい約束を作ってしまうと、お互いがそれを負担に思うことが必ず出てきます。
毎日電話をする、メールは1時間以内に返すと決めたのに、連絡がない……。
どうしたんだろう?事故にあっていたらどうしよう。
もしかして浮気?
心配は不安には際限がありません。
心配したとしてもすぐに駆けつけられるわけではない。
疑ったとしてもそれが晴れる証拠を見つけられるわけではない。
連絡の頻度に固執してしまうと、本来考えなくても済むようなことを考えがちです。
それよりは、連絡が来るとは思わなかったときに突然来た電話やメールに、ドキドキしている方が建設的ではないでしょうか。
約束した回数分のメールが来ない、とイライラするよりは、
今日はたくさん話ができて嬉しい!と考えている方が、あなたもきっと楽しいはず。
なにより、彼にも負担をかけることがなく、楽しいお付き合いを続けられることでしょう。

■喧嘩してもできるだけ早く仲直りする

お付き合いをしていれば、時には喧嘩もしてしまいますよね。
ただ、すぐには会えない距離にいる二人が喧嘩をすると、解決する方法は電話やメールで話し合うことしかありません。
直接会って、肌を触れ合わせれば解決することもあるのでしょうが、それができない以上、喧嘩をいつまでも引きずっても何もいいことはありません。
喧嘩を終わらせないまま電話を切ったり、メールの返信を途絶えさせることはやめましょう。
必ずその日の内に仲直りしてください。

喧嘩をして嫌な気分のままで電話を切ると、そのときの会話ばかりが思い出され、その暗い気持ちをずっと引きずってしまうことになります。
結果として、気持ちが冷めてしまうというようなことにもなりかねないのです。
電話ではできるだけ楽しい話をしましょう。

喧嘩をしたら謝りましょう。
変な意地を張っていたとしても、声だけでは彼にそんなことは伝わりません。
素直な気持ちで話合って、解決してしまいましょう。

■ひとりの時間を楽しめるようにする

毎日毎時彼のことを考えていては、彼が側にいないのだということもずっと意識していることになります。
彼以外にすべての楽しみを求めてしまい、それが解決しなければ彼にあたってしまう……というようなことにもなりがちです。
彼抜きでも心の底から楽しめる趣味を持ちましょう。
彼だってきっと、何かに打ち込み輝いているあなたの方が好きなはずです。

普通の恋愛とは気持ちの維持の仕方が難しい遠距離恋愛。
一番気を使うべきなのは連絡の仕方なのかもしれません。
彼との楽しい電話やメールの時間くらいは、遠い距離のことを忘れて、普通の恋人同士の気持ちになりたいですね。